Box Body

沖縄におけるイノベーション

OISTは、その成長と発展の新しい段階に入りました。これまで 80以上の研究ユニット、最先端の設備を備えた洗練された実験施設、学際的な大学院プログラムを確立するために多額の投資を行ってきました。新たなステージとして、沖縄における研究開発を積極的に推進していく立場にあります。  2017年に学長ピーター・グルースが掲げた目標は、将来の雇用に向けて、沖縄に新しい技術やアイディアを事業化(商品化や製造、マーケティング)までもっていくイノベーションエコシステムの形成を実現することです。このビジョンを実現するために、OISTはイノベーションスクエア(I-Squareもしくは i2)にインキュベーターを建設しました。ここでは、OISTや世界中からの起業家が、包括的な支援を受けながら、研究開発の促進、メンターや専門家を含むイノベーターのコミュニティーの形成を行います。

One
Box Body

国内および海外のスタートアップや企業に、OISTと連携する機会を提供することにより、科学技術の進歩を加速します。

Two
Box Body

OIST周辺に世界的課題の解決策を創造する情熱的な起業家や企業で構成される、イノベーターのコミュニティーを形成します。

Three
Box Body

新しい企業、産業、研究開発などの雇用創出を行うことによって、沖縄の経済に好影響を与えます。

Box Body

ご質問?

お問い合わせ先:innovation@oist.jp