Box Body

アクセラレーターについてのよくある質問

Box Body
質問?

お問い合わせ:innovation@oist.jp

Box Body

1.  I2スタートアップ・アクセラレータープログラムとはどういうものですか?ほかのアクセラレータープログラムとの違いは何ですか?

このプログラムは沖縄初のグローバルスタートアッププログラムです。国内外から選ばれたスタートアップが9~12ヶ月間沖縄に拠点を移し、 OIST が持つ教育リソースやネットワーク、個別指導、また最新の研究施設や機器を活用します。このユニークな大学滞在型プログラムは、科学系スタートアップがテクノロジーを研究室から市場へと展開するにあたり必要となる時間とリソースを提供します。

2. プログラムへの参加条件は?

技術成熟度(TRL)レベル3~6(下の表を参照)に該当する革新技術を持つ国内外の起業家が対象となります。あらゆる技術分野を対象としていますが、中でもOISTはエネルギー、健康長寿、モビリティ、水資源、農業、住宅、マテリアルといった社会や地球の持続的発展に貢献する分野に高い関心を寄せています。このプログラムの性質上、医薬や製薬の臨床実験を必要とするプロジェクトおよびサードパーティー製品の販売を行う法人への助成は行いません。(ただし一部の非臨床実験については例外となる場合があります)

技術成熟度レベル(TRL)

TRL 0:
アイデア 証明されていないコンセプトで、実証されていない技術
TRL 1:
基礎研究 基本原理が仮定または観察されているが、実証的な証拠が得られていない技術
TRL 2:
技術形成 コンセプトや応用が明確化されている技術
TRL 3:
応用研究 初期実験が完了し、概念が実証されている技術
TRL 4:
研究室の環境でプロトタイプが構築されている技術(「完璧ではない」プロトタイプ)
TRL 5:
相応の環境でプロトタイプが実証されている技術
TRL 6:
相応の環境において、プロトタイプが期待される成果を実証した技術
TRL 7:
実際の利用環境におけるデモンストレーションを実施できる技術
TRL 8:
商用向けの技術 製造上の問題が解決され、初期の商品/サービス開発が行われた技術
TRL 9:
商用の技術 顧客により利用可能な商品/サービスが提供されている技術

参考:欧州委員会資料

3. 事業費はいくら支給されますか?

採択されたプロジェクトにはプロジェクト計画によりますが、300~1,500万円の事業費が支給されます。平均額は約1,000万円です。プログラムへの応募の際、応募者には上限1,000万円で予算立てを依頼し、OISTで要求予算額を精査したうえで、各プロジェクトチームに提供する事業費を決定します。

4. エクイティについては?

OISTはプログラム参加の対価としてのエクイティ付与は求めません。私たちの目標は、沖縄、日本、そして世界に大きな影響を与える可能性のある初期段階かつ商業化前の技術をサポートすることです。また、OIST周辺に起業家コミュニティを発展させ、スタートアップ企業が沖縄の産業や学術研究コミュニティと交流し恩恵を受けることができるようにすることを目指しています。

5. 事業費の利用に制限はありますか?

事業費の用途はOISTおよび助成金のスポンサーにより設定されたルールおよび規則により定められています。一般的に以下のような用途に利用できます。

  • 人件費(給与、住居、社会保険など)
  • 研究室やオフィスの消耗品
  • 委託費
  • 旅費

6. 事業費のほかにどのようなリソースが提供されますか?

事業費に加え、各採択チームには技術的な専門家や行政機関、産業界のメンターによる指導を提供します。プログラムには以下のサービスが含まれます。また、このプログラムには以下のものが含まれます。

  • 研究室およびオフィススペース
  • OIST内の最新共有施設や機器へのアクセス
  • 産業界の専門家や投資家といったビジネスネットワークへの橋渡し
  • 知的財産や法人設立に関する専門的サービス
  • 事務サポート

7. このプログラムには決められた期間がありますか?

この滞在型プログラムはOISTの事業年度にあわせたものとなっています。

4月1日~3月31日

8. 応募プロセスとスケジュールを教えてください

毎年、2~4チームを採択します。応募プロセスとスケジュールは以下の通りです。

  • 秋(9月~12月)公募
  • 冬(1月~3月)審査、面接、採択
  • 春(4月~6月)プログラム開始

9. 応募方法は?

応募手順を参照

10. 自分以外にチームメンバーがいる場合は?

2名以上のチームの方が成功しやすいとの考えから、チームとしての応募も受け付けています。チーム全体が与えられた予算内ですべて賄う必要があります。

11. 目標達成できるチームとして求めるものは何ですか?

まず一番に求めるのは、チームメンバーの情熱と意欲です。起業家への道のりは刺激的かつ影響力にあふれるものですが、同時に難題や乗り越えるべき壁との戦いでもあります。自身が持つ技術に対して良い時も悪い時も情熱を持ち続けられるかどうかを判断しています。また以下に基づき審査を行います。

  • OISTの環境や支援体制との適格性:OISTや沖縄についての知識、そしてプログラム期間中に応募者の技術が、期間中に沖縄でどう進化できるかの理解
  • 技術的優位性:自身の技術や市場の需要に対する深い理解
  • 市場性:自身の技術の価値提案、そして市場の規模や状況への理解
  • プログラム期間中の成果達成の可能性:9~12ヶ月のプログラム期間の中でどう技術の商業化を達成するか
  • 沖縄や国内外への社会的貢献の可能:自身の技術が、人類や地球に長期的にプラスの影響をもたらし、沖縄や日本、世界が必要とする市場の喫緊の課題を解決できるかどうか

12. 「情熱と意欲」とは何を指しますか?

まず、自身の製品やサービスに対する信念です。そして、その製品やサービスを世界に届けるためのスタートアップ設立に向けたコミットメントです。また、そのゴール達成のために、拠点を沖縄へと移し9~12ヶ月間OISTでこのプログラムに参加し、研修やイベントにも参加する意思があることを指します。

13. アイデアはあるが技術的専門知識や技術がない場合は?

自身の技術/サービスの商業化に向けて、チームとして必要な専門知識や技術スキルを有していることが前提となります。このプログラムにおいてOISTの研究者が共同研究や技術支援を行うことはありません。また、大部分が外部委託となるプロジェクトの応募は推奨しません。

14. 応募の前にプロトタイプが必要ですか?

自身の技術の概念がすでに実証されていることが前提となります。(ラボにおいて意図された通りの動作が確認できたデータを提示する等。)実現可能性の検証が完了していないアイデア段階の技術の応募は推奨しません。

15. すでにスタートアップを起業している場合でも、プログラムへの応募できますか?

はい。沖縄で新たに法人を設立する、または既存の会社の拠点を沖縄に移す計画をお持ちの起業家はプログラムへの参加が可能です。

16. すでに資金も調達していますが、このプログラムへの応募資格はありますか?

はい、その場合でも応募は可能です。OISTからのプログラム資金や教育的支援等を受けることができます。

17. 沖縄に拠点を移さず遠隔でこのプログラムに参加することはできますか?

遠隔での参加はできません。このプログラムは起業家が実際に私たちとともに活動していくことを想定して構築されています。さらに、このプログラムの最大の利点は、OISTが持つ最新鋭設備や機器が利用できることです。このプログラムから優れた科学技術系のスタートアップを創出するためにも、これは重要な要素と考えています。

18. 沖縄への移住およびOISTでの入所研修等のプロセスはどうなりますか?

採択されたチームが沖縄に拠点を移すにあたり、沖縄への赴任旅費、沖縄での住まい探し、銀行口座開設やOISTや沖縄での生活のオリエンテーションなどの支援サポートを提供します。

19. プロジェクトのために使えるOISTの施設や機器にはどのようなものがありますか?

OIST には、イメージング、DNA解析、ナノファブリケーション、機械工学など幅広い研究活動を支援するための共有の研究施設や機器があります。施設や設備の詳細についてはリンクをご参照ください。

20. 秘密保持契約を結ぶことになりますか?

いいえ。OISTが秘密保持契約を結ぶことはありませんが、応募書類の秘密性に対する守秘義務は順守します。

21. プログラム終了後は、沖縄で起業する必要がありますか?

プログラム終了後に沖縄で起業を設立することは必須ではありませんが、OISTを取り巻く環境が、スタートアップが次の段階へ進むにあたり役に立つことを願っています。日本で起業する場合は、法人設立および事業登録の手続きをサポートします。

22. プログラム参加にあたり日本国籍、または事前に就労ビザが必要ですか?

いいえ。このプログラムに選ばれ、日本での就労ビザが必要となる場合は、OIST がプログラム期間中のビザ取得をサポートします。また、プログラム期間後に必要となる経営者ビザの取得もサポートします。ただし、就労ビザ取得のための要件を満たさない場合、このプログラムへの参加はできません。